第1回 創作サーカスフェスティバル SETOラ・ピスト

スクリーンショット 2015-08-10 16.14.29.png創作サーカスってなに?】それは、演劇やダンスのように舞台作品として創られるサーカスのこと。ただし、空中までが舞台なのです!アーティストたちのしなやかで強靱な身体と無限の想像力によって生み出される作品は、世界に2つとないオリジナルなもの。アーティストの数だけ、創作サーカスの世界があるのです。
今年が第1回】日本やフランスの一流アーティストたちが高松で滞在制作して作られる新作「ないもの」公演のほか、伝統×現代舞台芸術の取り組み「シルク・EBESSAN」や、地元パフォーマーたちによる作品発表「実験劇場」、サーカス器具設置技術についてや滞在制作についてなど、この分野の発展のために欠かせない主題を話し合う場など、新しい文化を生み育て、発信しようとするコンセプトとメッセージに満ちたフェスティバルです。

ないものイメージ.jpg

naimono(ないもの) 詳細   実験劇場詳細

【A会場】

11(日)
17:30〜
Cirque Ebessan(しるくえべっさん)
寿ぎの「戎舞(えびすまい)勘緑(木偶舎)無料
18:00〜
「NAIMONO(ないもの)有料 【詳細】
12(月祝)
12:00〜
「NAIMONO(ないもの)有料
18:00〜
「NAIMONO(ないもの)有料
13(火)
19:30〜
「NAIMONO(ないもの)有料

【B会場】

11(日)
14:00〜15:30
「サーカス器具設置講習/成果報告」無料
映像と資料展示のほか、10月6〜9日に行われたフランス国立サーカス学校講師による器具講習の様子とその意義について発表します
12(月祝)
10:30〜18:00
地域パフォーマーなどの実験公演【詳細】
「実験劇場」有料(一部投げ銭)
14:00〜15:30
ラウンドテーブル 公開討論会
「舞台作品創作と滞在制作について」無料
11(日)〜12(日祝)
10:00〜20:30
映像と資料展示
「フランス大道芸フェスと現代サーカス発祥の歴史と今」無料

ページの先頭へ

瀬戸内サーカスファクトリーPRESENTS
第1回創作サーカスフェスティバル SETOラ・ピスト 参加作品

ないものチラシ表.pdf

瀬戸内サーカスファクトリーが
渾身の思いをこめてみなさまに贈ります!
空中を飛ぶ、歩く。唄う、奏でる、語りだす。
見上げる空間までが舞台。

「NAIMONO ないもの

日 時
10月11日(日)18:00〜
10月12日(月祝)12:00〜・18:00〜
10月13日(火)19:30〜
会 場
「ないもの特設会場(A会場)」(香川県香川町川東上2598)
入場料
前売り 一般4,000円 中高生2,500円 小学生1,000円
当 日 一般4,500円 中高生3,000円 小学生1,500円
※未就学児無料(保護者の方と同席になります)

ページの先頭へ

【演出】
目黒陽介
14歳でジャグリングを始め、17歳より大道芸やフェスティバル、舞台やライブハウス等で活動を開始。近年では串田和美演出作品『十二夜』(シアターコクーン)や『空中キャバレー』(まつもと市民芸術館)にも参加しており、 ミュージシャンとの即興パフォーマンスなど舞台・ライブへの出演も多数。 ジャグリング&音楽集団ながめくらしつ主宰。 2008年の結成より全作品の演出・構成を務め、2012年11月には香川県の電車工場で上演された国内外のサーカスアーティスト・ミュージシャンによる創作サーカス 『100年サーカス』(主催:瀬戸内サーカスファクトリーの演出も手がける。エアリアルアーティスト・長谷川愛実とのユニット「うつしおみ」でも活動中。

めぐろ.png

【出演】
ヴァロンタン・ベロ(空中芸)フランス在住 
役者、ハンドバランスの空中アクロバット、ティシューとコード(空中芸)、アコーディオンの弾き語り。
1993年から96年までパリ郊外「エコール・ド・ステュディオ・テアトロ」で演劇を学んだあと、「レ・ノクタンビュールサーカス学校」でサーカスを習得。同時にハンドバランスやアクロバット、空中ブランコなど様々なワークショップに参加し、ボーカルを学びながら、役者としての場を広げていく。日本では演出家で俳優の串田和美氏に認められ、2010年に茅野市民館開催の「ファウスト2010」公演、2011年には、まつもと市民芸術館で「空中キャバレー」に出演するなど、人気を博す。2014年静岡大道芸ワールドカップにデュオ「ハイドラゴン」で出演、銀賞受賞。

ヴァロンタン.png

清水ひさお(綱渡り)
広島県出身。クロワッサンサーカスを主宰。1990年欧州、インド、中国、アメリカ、中南米など36カ国をマイム・曲芸をしながら放浪し帰国後独学で綱渡りを始める。和歌山の山中で5年間自給自足暮らしをする。NIMADANCESKETCHにて身体技法を学び、北京一氏にパントマイムを師事。2008年韓国漢江(長さ1km高さ25m)を綱渡り横断。NHK大河ドラマ飛鳥時代綱渡り師役で出演。2012年リトルワールドコンテスト優勝。

清水.png

Tomoko Alba トモコ・アルバ(空中芸)
幼少よりダンスを始める、YOSAKOIソーラン祭りとダンスの日々の学生時代すごす。 桐朋学園大学演劇科にて舞台を学び在学中にパントマイムに出会い身体表現に再び興味を持つ。 パントマイムサークル舞☆夢☆踏にてパントマイム作品を発表、役者の経験を生かしキャラクターやストーリーの有る演出でパントマイム&バルーンショーのイベント出演。 ロービングチームSAROK the roving theatreのメンバーとして各地フェスティバル参加。 豪州の国立サーカス学校 National institute of Circus Artsへ留学、オリジナリティー溢れる現代サーカスのCircus OZに感銘を受け空中ブランコとフットジャグリングを習得。 イベントを中心にダンサー、パフォーマーとして活躍するフリーランスパフォーマー。

ともこ.png

長谷川愛実(エアリアル・空中芸)
幼い頃から新体操とクラシックバレエを学ぶ。フランスのリヨン国立高等音楽・舞踊学校にて短期研修修了。エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(AADP)の養成スクールにてエアリアル(空中芸)を学ぶ。卒業後は主にエアリアルパフォーマーとして『100年サーカス』『ながめくらしつ』「SIAM STREET FEST(タイ)」「Andy Lau ALways 2013 China Tour 」など、国内外問わず、劇場やアーティストのコンサート、大道芸フェスティバルなどで活動している。「シルク・ドゥ・ソレイユ」登録キャストメンバー。

長谷川.png

宮野 玲(ジャグリング)
13歳よりジャグリングを始め、2012年よりパフォーマーとしての活動を開始。舞台やライブを中心に『100年サーカス』、ながめくらしつ『終わりをみながら』、『空中キャバレー2015』などの公演に出演するほか、国内外のジャグリングイベントにも多数出演。日の出町団地スタジオではジャグリングクラスの講師も務める。

宮野.png

ページの先頭へ

坂本弘道(チェロ cello,musicalsaw,electronics)
多種多彩なセッション及びソロを国内外で展開するインプロヴァイザー、作曲家。「パスカルズ」などのバンド活動、友川カズキ、遠藤ミチロウ、UA、川上未映子など共演・サポート多数。天野天街、寺十吾の演出作品を中心に、近年は舞台の音楽を数多く手がける。映画音楽は、アニメーション映画「緑子」(監督:黒坂圭太)など。

坂本.png

片岡正二郎(役者・音楽)
福岡県出身、94年までオンシアター自由劇場に所属。現在は芝居と音楽の境目なく活動を展開中。主な出演作に『上海バンスキング』コクーン歌舞伎『三人吉三』など。「くものすカルテット」「バチカンブラザーズ」などで音楽活動。07年には活動弁士としてパリに招かれる。

片岡.png

三原貴嗣(フットバッグ)
1982年生まれ、香川県丸亀市在住。2002年からフットバッグを独学で始める。大学卒業後は一般企業を経て善照寺を継ぎ、住職となる。ジャグラーで副住職でもある弟とともに、地域のお祭りやイベントへの参加、地元クラブでの指導、ワールドジャグリングデーin香川の運営など様々な活動を行う。瀬戸内サーカスファクトリーによる創作サーカス『20歳のパレード』『100年サーカス』公演出演。ジャパン・フットバッグ・チャンピオンシップ2013、2014男子フリースタイル部門連続優勝ほか受賞歴多数。

11990815_791375804312780_1043764571_o.jpg

ページの先頭へ

「実験劇場10月12日(月祝)午前10:30〜17:30
【会場】B会場2階 【料金】各ステージ500円(一部投げ銭)
実験劇場.jpg

【A会場】

12(月祝)
10:30〜【勘緑×セシル】勘緑(木偶舎)×セシル・ユルボー有料

10/5から現地で滞在制作にて作品をつくります。日本の浄瑠璃人形遣いとフランスのマリオネットアーティストによる新作。

14:00〜【むー】有料

楽器やヴォイス、からだを使ったliveパフォーマンス。会場の段差も生かし、観客もひきこみ?!会場全体がパフォーマンス会場になります。

15:30〜【GoldRush】有料

金崎洋一によるコンテンポラリーダンスチーム。「Washi+Performing Arts」高知での滞在制作で発表された作品の改良版を上演します。共演者に高知から浜田あゆみ、山本香菜子。

16:00〜【SPOT】有料

若さ溢れる高校生ジャグリングサークル!会場外での賑やかなパフォーマンスを披露します。

16:30〜【moimoimoi】有料

山本健一率いるジャグリング×音×人形チーム。11/28のGETホールでの公演を前に、実験劇場用に山本健一と取注によるジャグリングと音の作品を創作・発表します。

17:00〜【SU】有料

ファイヤーダンサーである廣川進が、室内での作品を制作。マイムから大胆に展開していくソロパフォーマンスを上演します。

【出演】

勘 緑(浄瑠璃人形遣い)
徳島県池田町生まれ。元(財)文楽協会技芸員、人形座「木偶舎」主宰。高校のころから人形を遣い、早稲田大学で演劇を学び、1977年文楽の世界に飛び込む。
1979年二世桐竹勘十郎(人間国宝・故人)に入門し、1987年から三世吉田蓑助(人間国宝)に師事、2012年1月より33年間在籍した文楽座を辞しフリーの人形遣いとして数々の作品を発表。人形浄瑠璃の普及・発展と文楽人形の新しい可能性を追求した作品が、話題を呼ぶ。全国各地の人形芝居の指導・演出や、徳島県の農村舞台復活にも積極的に取り組み、三人遣い人形の基本操作を習得するための教室「勘緑塾」を、徳島市 福岡市 大阪市で開塾。主宰する人形チーム【木偶舎】では、各地で自然との融合や他ジャンルの音楽・演劇との接点を求めた文楽人形の可能性を追求し、劇場の枠を越えた独自の野外劇場を企画・演出している。http://www.mokugusha.com

12041921_893572367384181_1376435608_n.jpg

セシル・ユルボー(マリオネットアーティスト)
フランス在住の役者、マリオネットアーティスト、演出家。オルレアン演劇芸術学校時代より作品作りをスタートし、2005年にはカンパニー「ジュー・ド・ヴィラン」を結成。東南アジアの影絵劇に出会い、カンボジア・タイ・マレーシア・インドネシアのマリオネットのカンパニーの元で人形の製作、操作を学ぶ。その後フランスに戻り、影絵人形劇をめぐるプロジェクトを立ち上げる。インドネシアのマリオネットと可動式スクリーンを使った作品は、マリオネット本体と影絵の両方を見る事ができ、フランスでも好評を得た。2010よりインドネシアの劇団をフランスに招聘し、滞在制作を経て共同製作作品の発表、WSや交流、討論会など文化庁の支援のもと成功させる。以降、インドネシアーフランスの交流を重ね、インドネシアでは行われない演出など取り入れた新しい影絵人形劇を完成させた。次のプロジェクトは日本の伝統的な人形芸術である文楽を学ぶことからスタートさせている。今回は、日本を代表する浄瑠璃人形遣いの勘録との実験的な共同ワークの発表となる。

12086982_893572384050846_1712552274_n.jpg

むー 村井知之(パフォーマー、芸術士)
作家、音楽家、パフォーマー、イベント企画、ワークショップファシリテーター、高松市の派遣芸術士など、アート界隈を縦横無尽に疾風する坂出在住のアーティスト。
<近年の活動>2012・瀬戸内国際工芸祭のサーカスにチンドン、アジテーターで参加。2013・旅する消しゴム/さぬき生活文化振興財団、チンドン式/タンボマンボ/山なみ芸術祭、クールクルチーパッパ/さぬきマルシェ、セミの声合唱団/どんぐりランド、お月見ライブ/仏生山コミュニティセンター、ドレミがなくてもいい音楽/財田.たからだの里。2014・旧藤田外科アートプロジェクト前期展/坂出.旧藤田外科、ワンデイシアター/村井亭の庭や畑。2015・ムライブー再生編ー@香川.丸亀.カラシヤクラシック、15thアートでたんぼ@香川.高瀬.岩瀬池のほとりのたんぼ、音のライブとすこしワークショップ@香川.宇多津.うたづええもん市。http://mucaramel.exblog.jp

12053171_893572404050844_826694018_n.jpg

金崎洋一 GoldRush(コンテンポラリーダンス)
2011年にスタートしたダンスカンパニー。ダンスを中心に、楽器、映像なども使ったステージを展開。また、マジシャン、ピアニストなど、様々なアーティストとも作品創りを行う。子供から大人まで、年齢問わず、体を動かす事、踊る事の楽しさを広めている。代表の金崎洋一は、高松市の派遣芸術士でもあり、ダンスで遊ぼうや大人の体遊び術など各地でクラスを展開している。ダンス作品発表も定期的に行い、様々なジャンルのパフォーマーと 作品を創り公演を行っている。他、近藤良平、北村成美、維新派などの作品に出演、伊藤キムのアシスタントとして広島での「おやじカフェ」も振り付け・指導を行った。国際共同制作の舞台にも参加するなど、ダンスを中心に幅広く活動をしている。 http://goldrushjp.web.fc2.com/dancers/Top.html

12048944_893572567384161_1118364198_n.jpg

ページの先頭へ

浜田あゆみ GoldRush(役者)
ふたりっこプロデュース代表高知県出身。土佐女子高校を経て、カナダへ留学。University of Victoria 演劇科卒業。卒業後帰国し、上京。瀬川昌治(映画監督)に師事し、演技を学ぶ。舞台を中心にフリーの役者として活動。本多劇場「The Kids」やカナダ・フリンジフェスティバルなどにも参加。日韓英国際共同制作「One Day, Maybe」出演。2014年NGOピースボート83回クルーズにおいて外務省からユース非核特使の委嘱を受け、世界一周をしながら演劇を通して被爆の惨禍の実相を伝え、継承する活動を行う。2014年夏から高知にUターンし高知から演劇活動を続けている。 https://futarikkoproduce.wordpress.com/

12042275_893572674050817_556461463_n.jpg

山本香菜子 GoldRush(ダンサー・振付家)
ダンスクリーム・リトルプレイヤーズシアター(インストラクター)埼玉県出身。2006年より高知に移住。四歳よりクラシックバレエ・モダンバレエを学ぶ。高校では新体操を学びイオンカップに出場。舞台芸術学院本科ミュージカル部にてクラシック・モダン・ジャズ・タップ・パントマイムを学び、専門師の資格を得て卒業。その後、石井みどり・折田克子舞踊研究所に入所。埼玉舞踊コンクール・神戸舞踊コンクール等で入賞。全国ダンスコンペティションにおいて振付賞を受賞。2014年12月高知県立美術館においてイギリスの振付家ビリーカウイー作品に唯一の高知在住のダンサーとして参加。2015年夏、エジンバラフリンジフェスティバルでのビリーカウイーの作品に出演。

12092671_893572624050822_4457406_n.jpg

moimoimoi(ジャグリング+音楽+人形チーム)
高松で行われたサーカスイベントでの共演をきっかけに山本健一の呼びかけで結成されたジャグリングと人形劇と音楽によるパフォーマンスチーム。moimoimoiはフィンランド語の「やぁ」という意味のmoiと「さようなら」という意味のmoimoiをつなげた造語。メンバーは、山本健一(ジャグリング)、取注(音楽)、しらさわちさと(人形劇)。現在、11月28日に高松のGET HALLにて公演予定のパフォーマンスを創作中。今回は、山本健一と取注の2人編成による作品を発表する。

12092498_893572997384118_2106247277_n.jpg

SU 廣川進(ファイヤーパフォーマー)
世界放浪中にファイヤーパフォーマンスと出会い「火付盗賊」に初代から参加。
インドマイソールにてヨガを学び、東京マイムカレッジ細川ひろみ氏にパントマイムを、細谷洋子氏にカポイエラを師事。スローとエネルギッシュが混交するカテゴライズされないパフォーマンスに定評がある。近年は、ダンスや創作サーカスへの出演や、多ジャンルシェア型WS「舞活」、「ポルノグラフィティ」の神戸・横浜ツアーにも参加するなど、活躍の場を増やしている。
鍼灸師と柔道整復師の資格を持ち、ホリスティックで自由な生き方をすべく2011年から徳島県の山中にて狩猟採集農耕生活を実践中。パフォーマンスとギャップのある生き方は
メディアでもたびたび紹介される。パートナーとのファイヤーチーム【SU×Sola】では、全国のフェスティバルやお祭りはもちろん、企業イベント等でもショーを繰り広げている。http://su-sola-firedance.jimdo.com

12084205_893573094050775_1312107387_n.jpg

SPOT(香川高専詫間キャンパスジャグリングサークル)
2008年12月17日創設。SPOTは略称であり、 Street Performance Of Takumaの頭文字を取ってSPOTになっている。活動は三豊市を中心に丸亀や高松でも小学校や老人ホーム、お祭りなどでパフォーマンスを行っている。また、ジャグリング体験教室もしていて、依頼先の小学校や幼稚園などでジャグリングの体験を行っている。昨年度は三豊市から、今年度には香川県から、SPOTの活動が表彰された。僕たちは、完成度の高いパフォーマンスを目指して、日々練習に励んでいます!よければ、楽しんでいってください!
http://www.sr.kagawa-nct.ac.jp/club/spot/

12038046_893573340717417_6011250270964073330_n.jpg

ページの先頭へ

会場MAP.jpg

【お問い合わせ】瀬戸内サーカスファクトリー setouchicircusfactory@yahoo.co.jp 電話080-2977-5469

主催/一般社団法人瀬戸内サーカスファクトリー  後援/高松市  サーカス器具講習助成/在日フランス大使館
フェスティバル助成/公益財団法人置県百年記念 香川県文化芸術振興財団  協力/フランス国立サーカスアートセンターCNAC